労働組合役員の勤務偽装「ヤミ専従」とは最新の記事

労働組合の憂鬱

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

 

ある程度の規模の企業に勤めている人なら、たいては労働組合にも入っていると思います。そもそも労働組合というのは、賃金制で雇われている労働者が、その労働生活の条件を改善、維持するための恒常的な団体です。

日本では、職業別組合から始まって企業別組合へと発展していったという過程がありますが、現在の企業別組合の状態になっていったのは、第二次大戦の以降からです。ユニオンショップの場合も多く、意識なく自動的に加入している人も多いと思います。

労働組合を組織、活動する権利は憲法でも定められており、その条件についても労働組合法によって詳細に規定されています。
労働組合といえば、春闘に代表されるように、賃金交渉や待遇改善を会社と交渉するイメージが長らく持たれていましたが、最近では、どうもそうではなくなってきました。
それが「労使協調」という路線であり、形こそ一応労働組合として存在していますが、本来の機能を見失って形骸化してしまい、会社側の言いなりとなってしまって、組合幹部が管理職への近道になったりして、「御用組合」「第二人事部」などと悪口を言われることがしばしばあります。
それどころか場合によっては、そのような御用組合の存在は労働者にとって不利益となっていることもけっして少なくないのが現状だといえます。

 

労働組合役員の勤務偽装「ヤミ専従」とはについて

労働組合といえば、春闘に代表されるように、賃金交渉や待遇改善を会社と交渉するイメージが長らく持たれていましたが、最近では、どうもそうではなくなってきました。
カテゴリー
更新履歴
労働組合の憂鬱(2009年7月28日)
「ヤミ専従」とは(2009年7月28日)
大阪市役所のヤミ専従(2009年7月28日)
社会保険庁のヤミ専従(2009年7月28日)
農林水産省のヤミ専従(2009年7月28日)